ロゼワインの特徴

ロゼワイン: ロゼワインとは何ですか?その種類と選び方は? ロゼワインには、風味、色、スタイルの無限のバリエーションがあります。 無限のパレット: ドライ ピンクとスイート ピンク、ペール ピンクとダーク ピンク、パーティー ピンクとガストロノミー ピンクがあります。

フレーバー、アロマ、後味などのロゼワインの特徴は、飲み物によって異なります。 ここでは、これらのワインの主な特徴を紹介します。

それはあなたに興味があるかもしれません: 安くて良い赤ワインに会いましょう

それは何ですか、そしてなぜそれはピンクですか?

これはから得られる飲み物です 黒ブドウ 果肉とブドウのマストとの接触が短いためです。 そのような飲み物は、新鮮で繊細な味と複雑な香りを持っています。

基本的に、ロゼワインの製造工程は赤ワインの製造工程と同じです。

ロゼワインの特徴

あなたは読むことに興味があるでしょう: ソムリエとレストランでのその機能

実際、ピューレが皮膚と接触して浸軟するほど、ワインはより濃くなります。 したがって、マストをワインから分離することにより、着色はあまり目立たなくなります。 黒ブドウの皮に含まれる色素がワインをバラ色にします。

ライトロゼワインは、ガルナッチャ、カベルネフランシス、センソ、カリニャンブドウを使用した直接圧搾技術によって得られ、その結果、わずかな酸味とジューシーな果実味のヒントが特徴的な飲み物が得られます。

ロゼワインの技術と製造方法

ロゼワインの醸造は、浸軟ロゼ、圧搾ロゼ、ブリーディングロゼの3つの製造方法を使用して行うことができます。

ピンクマセレーション

このタイプのロゼは、黒ブドウを浸軟させることによって実現されます。 色を変えるためには、浸軟は必然的に短くなければなりません。

この方法は、果実を皮、果肉、種子、ブドウジュースから分離することを目的としています。 バットの間、ブドウに含まれる色素がジュースに浸透し、ピンク色を提供するトーンを与えます。

続いて、麦汁は圧搾され、固形部分から分離される。 ここで発酵が始まります。発酵は18〜20°Cの温度で行われます。 味を保つために。

関連記事: バーテンダーとは何ですか?その機能は何ですか?

プレスピンク

これは赤ブドウの白ワイン造りです。 カラフトマスが望ましい色なので、皮でブドウを絞ることをお勧めします。

マセレーションロゼよりも明るいロゼです。 この醸造は、収穫直後にブドウを圧搾することで構成されています。 この後、タンク内のジュースを発酵させます。

出血ピンク

出血するロゼワインは赤ブドウから作られています。 その生産の一部としての赤ブドウの浸軟は、タンクで長くはかかりません。 タンクに含まれるジュースがピンク色になった後、タンクはパージされます。

「タンクをパージする」という表現は、得られたマストの一部が別の樽に移され、そこでワインが発酵されることを意味します。 したがって、残りのマストは赤ワインの生産に向けられています。

この醸造の目的は、ロゼワインの非常に強調された特徴を得ることです。 発酵後、タンクから取り出し、ロゼワインをデカントします。 これは、香りの甘さと細かさを維持するためです。

読むのをやめないでください: あなたは白ワインを料理するのが好きですか? いくつかのレシピを知っている

ロゼワインの特徴

ロゼワインの特徴

ロゼワインの種類はXNUMXつではありません。 ワインは非常に甘いロゼから非常に乾燥したロゼまでさまざまです。 ロゼワインの製造には、さまざまな色の濃い皮のブドウを使用できます。 ピノノワールは淡いピンクがかった色を生成します。 一方、ガルナッチャは、活気に満ちたダークロゼワインを生み出します。

ロゼワインの特徴は、その生産に独自の技術を適用した結果です。

ワインの原料は赤ブドウ品種で、技術工程の初めに皮を剥がします。 発酵が始まる前に殻が早く分離するほど、飲み物の色だけでなく香りも弱くなります。

繊細な色を得るための主な原則は、飲み物の製造中にマストの総質量にパルプが存在する時間を制限することです。

完成品の色は、飲み物の味を特徴づけることがよくあります。 このように、柔らかな色調はフレーバーのフレッシュさ、アロマの軽さを示しています。 顕著な彩度と暗い色合いは、スパイシーなベリーの香りの存在を示しています。 ラズベリーザクロの色は、フルーティーなノート、蜂蜜のフレーバーとフローラルな香りのヒントを示しています。

さらに、砂糖の割合に応じて、ワインはドライまたはスイートになります。

面白い記事: 自宅でのロマンティックディナーを忘れて、エスケープ! ホテルへ

ロゼワインの種類

すべてのドライロゼワインは、軽いものと強いもののXNUMXつの大きなカテゴリーに分けることができます。

ライトロゼワイン

ライトロゼワインは、ガルナッチャ、カベルネフランシス、センソ、カリニャンブドウを使用した直接圧搾技術によって得られます。 その結果、わずかな酸味とジューシーな果実味のほのかな味わいが特徴的な飲み物が得られます。

強いロゼワイン

強いロゼワインは、古典的な浸漬技術を使用して得られ、タンニンの含有量が高く、フルボディであることが特徴で、わずかな酸味があります。 それらは赤い果実味のノートによって特徴づけられ、時にはスパイシーなアンダートーンがあります。

強いロゼワインはより多くのタンニンを含み、より豊かで、より明るく、より飽和した暗い色を持っています。 技術的なプロセスでは、メルロー、シラー、ピノノワール、ムルベドラ、カリニャン、ガルナチャブドウの果実を使用することが好ましい。

それはあなたに興味があるかもしれません: シャンパンの種類と最も売れているMOETDOM PERIGNON

ロゼワインの種類

高品質のロゼワインの生産

最高のロゼワインはグルナッシュブドウから作られ、主な生産者はフランス南部にあります。 高品質の飲み物はプロヴァンスだけでなく、ポルトガル、イタリア、カリフォルニアのスペインのナバラでも作られています。

美食ロゼワイン

に基づく 美食、料理の種類に応じて最良のワインを選択することで、一口ごとに最も興味深く鮮やかな印象を与えます。

ロゼワインはどんな食事にもよく合います。 適切な食品に適切なロゼワインを選択する秘訣は、白と赤の同等物を調べることです。

非常に軽くて辛口のロゼワインは、辛口の白ワインに適した食品とよく合います。 のようなパスタ料理 イタリア料理 または白米、それらはサラダやシーフードだけでなく、軽くて辛口のロゼワインと簡単に組み合わせることができます。

最も大胆でフルボディのロゼワインは、次のようなリッチでスパイシーな料理と非常によく合います。 メキシコ料理。

このブログをお見逃しなく: ウイスキーで美味しいカクテルや飲み物を準備する

おわりに

ロゼワインは赤ワインと同様の製造工程で製造されますが、その特性は 製造:浸軟、圧迫または出血。 小さな一口で飲み物を飲むことで、あなたは感じることができます
フルーツとベリーのフレーバーの多様性。

軽いロゼワインは、グルナッシュ、カベルネフランシス、センソ、カリニャンのブドウを使用して直接圧搾されるため、わずかに酸性でフルーティーな飲み物が生まれます。

私たちを訪問することを忘れないでください 雇用交換 そして覚える、 カリキュラムをアップロードする そして、ホスピタリティと観光の排他的な才能のコミュニティの一部になります グランドホテリエ

興味のある記事: 観光とホテルの履歴書のこれらのヒントと例を確認してください

あなたが興味を持つかもしれない他の記事: